-- / --
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12 / 19
Thu

Ziphil じゃないときがあるはずないのに、 毎回名乗っている Ziphil です。

前のエントリーで、 Kotlin のアクセス修飾子について触れました。 そこで internal は 「モジュール内で可視」 という意味だと言ったんですが、 「モジュール」 って何やねんという話なので、 ちょっと調べてみました。

さて、 ここに説明がありました。

モジュールは、 Kotlin におけるコンパイル時の一単位です。 本質的には、 モジュールはビルドスクリプトとして表現されます。 モジュールそのもの, そのモジュールの従属関係, そのモジュールを構築するためのコンパイラのオプションなど、 これらを構成するソースファイルに関する情報を伝えるスクリプトは、 プログラム内で 「モジュール記述子」 というものを構築します。 コンパイルの一単位であるということは、 解析や最適化の全てがモジュールに従って行われるということであり、 バイナリが両立可能かどうかに関する問題が、 モジュール内でしか起こらないということでもあります。

(´・ω・`)? つまりどういうことですか?

いまいちよく分からないのが現状です・・・。 私の推測でしかありませんが、 クラスを統括するのがパッケージで、 パッケージを統括するのがモジュール、 みたいな感じでしょうか。

というか、 プログラミング関連の英語の専門用語の知識がなさ過ぎて、 英語読めても全然意味分からないです。

スポンサーサイト

comment ×0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。