-- / --
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03 / 01
Sat

お久しぶりです、 Ziphil です。

いろいろあってゲーム製作をする時間がなく、 2 ヶ月ほどブログを放置してしまったわけですが、 生きてます。

正直いろいろなことを忘れてしまって、 ソースコードなどを見ても、 自分が何をやっていたか忘れてしまっている感じです。 ドット絵もしばらく描いてないんで、 どんな感じで描けば良いか分からなくなってます。 しばらくの間は、 ドット絵描いたりプログラムを書いたりして、 リハビリをしていこうと思っています。 そういえば、 途中からマップの 1 マスを 18px から 24px に変更したせいで、 武器のアイコンのサイズが微妙に小さかったんですよね。 前の絵をもとに描き直せば、 良いリハビリになりそうです。

開発は今のところ Eclipse 使ってるんですが、 個人的には IntelliJ IDEA の方が好みなんですよね。 ただ、 IntelliJ で Ruby 開発するには有料版が必要で、 仕方なく諦めたんです。 30 日間の無料体験版がありますし、 モチベーションを上げるためにもちょっと入れてみましょうかね。 Ruby の開発環境というと、 IntelliJ 系列で RubyMine があるんですが、 これは Ruby 専用なので IntelliJ の有料版を購入した方が融通は利くんでしょうか。

じゃ、 リハビリやりましょうかねー。


スポンサーサイト
comment ×0
12 / 14
Sat

腹痛が痛い Ziphil です。

綺麗なコードが書けない。 動くコードはかけるが、 綺麗なコードが書けない。 納得のいくコードが書けない。 モチベーションが下がる。 テンションが下がる。

・・・そんなわけで、 ゲーム製作が進んでおりません。 いや、 言い訳です。 良いコードがかけないのも事実ですが、 製作が進まないのは時間がないだけです。

Ruby は綺麗なコード、 少なくとも自分が納得のいくコードが書けて、 すごく気に入ってたんですが、 やっぱりスクリプト言語なだけあって、 速度が出ないんですよね。 実は、 Java (Kotlin) でゲームを作り始めて、 ゲーム起動後の CPU 使用率が起動前と比べて 10% しか違わない上に、 1 フレーム (FPS 40) の待機時間がほとんど丸々 25 ミリ秒だったりするのに、 昔は驚きました。 Ruby だと、 こんなに速く処理できませんでしたからね。 Ruby 2.0 がリリースされてから一度も触れてないんですが、 速度の方は向上したんでしょうか。

ちなみに、 Java を捨てて Kotlin を始めたのは、 クロージャや拡張関数があるってのも大きいんですけど、 一番の理由はコードが綺麗に見えたからです。 たぶん、 他人には分からないと思うので、 ここで詳しく述べたりはしませんが、 とにかく綺麗なんですよ。 Scala も好きでしたけど、 あれはちょっと複雑だったので、 結局 Kotlin になりました。

にしても、 Kotlin の日本における知名度、 まだ低いですねぇ・・・。 そもそも、 日本語で書かれた Web ページが少ないですから、 仕方ないといえば仕方ないですが。 日本語で書かれた Web ページが少ない、 つまり日本人が Kotlin を使いにくく感じる、 つまり日本語で書かれた情報が増えない、 つまり日本人が Kotlin を使わない、 みたいな悪循環?

だったら、 私がやれば良いんじゃないか・・・? 私が日本語の文献を増やせばいいんじゃ・・・? 英語もそれなりに読めるわけですし。 うーん・・・。


comment ×0
12 / 12
Thu

夜に寝る気が湧かない Ziphil です。

Kotlin のアノテーションについて調べてたら、 こんなコードが。

import org.junit.Test 
import org.junit.Assert.* 
class Tests { 
  test fun simple() { 
    assertEquals(42, getTheAnswer()) 
  } 
}

メソッド名に 「the」 なんて冠詞がついてるのが奇妙だなー、 とか思っていたら、 その隣に 「42」 という数字が。 はい、 かの有名な 「生命, 宇宙, そして万物についての究極の疑問の答え」 ですね。 結構ネタとして使われるんだなー、 と感動。 ・・・それだけです。


comment ×0
10 / 24
Thu

Scala とか Groovy とかに触れてみて、 JVM 上で動く言語に興味をもったので、 片っ端から勉強してました。 ちなみに 「勉強」 というのは、 言語使用を一通り読むことです。

これまで勉強した JVM 言語は、 Scala, Groovy, Gosu, Clojure, JRuby, Mirah, Xtend, Kotlin, Ceylon, Fantom の 10 個です。 このうち、 パフォーマンスや自分の好みとかを考慮したうえで、 実際にダウンロードして、 マップ描画の処理を実際に書いてみたのが、 Scala, Groovy, Gosu, Kotlin の 4 言語です。

で、 これまでは Scala で書いてたんですが、 Kotlin で書いていこうかなと思っています。 コードの見た目が好きです。 パフォーマンスとか知名度とかより、 見た目を重視してしまうんです。 やっぱり、 自分が好きなコードがかけないと、 モチベーションが保てませんよ。


comment ×0
10 / 19
Sat

私のことをここに全然書いてなかったので、 ゲームの製作過程から離れて、 プログラミング歴について書いてみます。

最初に触ったプログラミング言語は BASIC でした。 簡単な数字当てゲーム的なのを作って遊んでたんですが、 そのうち物足りなくなって、 HSP に手を出しました。 HSP は 2 年くらい使ってたのかな・・・。 タイピングとかシューティングとか、 結構ゲームを作ってた気がします。 残念ながら今はもうデータが残っていなくて、 どんなゲーム作ったのか記憶にしか残ってないんですが・・・。 そしてその記憶も曖昧。

次は Ruby です。 オブジェクト指向に初めて出会って、 最初は戸惑いました記憶があります。 でも、 慣れれば便利なんですよね。 Ruby は 4 年前くらいから愛用してます。 今はメインの開発言語ではないんですが、 ちょっとした処理を自動化したいときなんかはよく Ruby を使います。

で、 Ruby をやっている間に Java にも手を出したんですが、 手を出しただけで終わりました。 というのも、 文法というかコードの見た目というかが、 あまり気に入らなかったんですよね。 動的型付け言語の Ruby を先に習得したので、 静的型付け言語の Java が面倒に感じた覚えもあります。 あ、 あのメソッドとか変数名の getGraphics みたいな、 2 単語目以降の単語の先頭を大文字にするってのが、 気に食わなかったですね。 いや、 だったら 1 単語目も大文字にしろよ、 不平等だろ、 みたいな。

そんなわけで、 Java にちょっかいを出しつつ Ruby を使ってたんですが、 そろそろ Java も本格的に学んでみようと思ったのが、 今年の 9 月です。 でも、 やっぱり Java には不満があって、 嫌になってきて、 Ruby に戻ろうとしたときに現れたのが Scala です。

そんな感じで、 今はメインに Scala を使ってます。 関数もオブジェクトって概念が好きです。 関数型プログラミングってのは始めて触れるので、 まだよく分かってないんですが・・・。

ちなみに、 私が今それなりに使える言語は、 Ruby, Python, Java, Scala でしょうか。 HSP はもうほとんど忘れました。 突然出てきた Python は、 Ruby やってるときに友達になりました。


comment ×0
09 / 01
Sun

Ziphil と申します。 Ruby 1.9 を用いてゲームプログラミングをしようと思い、 このブログを設立しました。 よろしくお願いします。

過去にいくつかゲームを作ったことがあるのですが、 どれも微妙な感じで終わってしまったので、 今回は 1 つ大作を作ろうと思っています。 ジャンルは RPG で、 最近見つけた 『Elona』 という RPG を目標にしようと思います。


comment ×2
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。